予約の流れを知っておきましょう

居心地のいい空間

利用するときの予約方法

荷物を載せる人

民泊施設は直ぐに予約できません

宿泊する場所といえば、旅館やホテルのように利用者が希望すれば宿泊先の人は直ぐに予約を取ってくれるというイメージが強くあります。しかし、民泊施設は宿泊するためには一度ホストにリクエストを送信しなければいけません。その理由は、近頃外国人利用客も増えているためマナー違反をする人が増えているからです。オーナーからすると、いくらお金を払っているからといってもマナーを守れない人には利用して欲しくないという思いがあります。そのため、場合によってはリクエストを送っても拒否されてしまうことがあるのです。

予約をする

気になる施設を見つけることができホストにリクエストを送信したら、ホストからの返事を待ちましょう。リクエストを送信するときは、メッセージに宿泊したい理由などを書いて一緒に送信するとホスト側に好印象を与えることができるため許可を得やすくなります。こういった流れが面倒な人は、直ぐに予約できる民泊施設を探してみましょう。

利用方法や決済方法

ホスト側から許可を得ることができたら、宿泊費用の合計金額や注意事項、部屋お詳しい説明を教えてもらうことができます。その内容に利用者も納得することができれば、決済方法を指定して期日までに宿泊費用を支払いましょう。支払いは場所によって違いますが、前払いの場所がほとんどです。

民泊を選ぶ理由ランキング

no.1

旅先の拠点にすることができる

女性の人に多いことですが、旅行に行くと何故か荷物が増えてしまって移動中の持ち運びが大変だったという思いをされた人は少なくないでしょう。そのため、荷物が多くても部屋に荷物を置いて楽しむことができる民泊施設を選ぶ女性が多いのです。

no.2

女同士で気兼ねなく過ごせる空間が作れる

女子会やパジャマパーティーなど、女同士で集まって楽しむことが好きな女性は多く存在します。しかし自宅で気軽にできる物ではないため、民泊施設を借りて集まるという人達も少なくありません。

no.3

格安料金で利用できる

ライブやコンサートに参加するために地方に出てきたという人には人気の方法です。格安料金で泊まることができますし、ライブ後に集まって語り合えるスペースを設けることもできるため、存分に楽しむことができます。

no.4

その土地ならではの体験ができる

民泊施設の中には、様々な体験ができる場所もあります。そのため非日常的な体験をしたい人や、その土地の文化を楽しみたいという人から人気を集めています。自然と触れ合える施設もあるため日々の疲れを癒やしたいという人にも最適です。

no.5

自宅ではない場所で自分だけの空間を作りたい

仕事や勉強など、なぜか自宅だと集中できないという経験をしたことがある人は少なくありません。そういった人が、民泊施設を予約して仕事や勉強に集中できる自分だけの空間を作るために利用していることもあります。

広告募集中